ルピナス文庫 

2017年7月のご連絡

IMG_20170701_112511.jpg

梅雨らしいお天気が続いていますね。
やさしい雨の音と
水の匂い 土の匂い 木々の匂いを楽しみながら、
ゆったりと親子で絵本や本を味わうことができる季節。
雨の匂いと共に
母の声と匂いと優しさを思い出せたら、素敵ですね…。

もし。
本を読んであげる余裕が無いと感じたら。
そんなときには。
ちょっと仕事の手を休めて
子どもと目を合わせて。
子どもが満足するまで 黙って抱きしめていてあげられたら…。
そこに、他の何物にも代えることのできない、かけがけのない時間があります。

子どもと過ごすことのできる日々。
親としての悩みも苦しみも尽きることはありませんが
それも含めて
あっという間に過ぎ去ってしまうその日々を
目の前の命を
たっぷりと愛しんでほしいなと思います。

愛しむ方法の一つとしての 言葉を 本を 時間を
可能な限りでご用意して 今月もお待ちいたしております。


7月の休館日
7月25日は午前午後ともに休館です。
それ以外は通常通り開館の予定ですが急な変更となる場合もございますので
恐れ入りますがご来館前に再度ご確認くださいますようお願いいたします。

7月のおはなし会
月に一度、ルピナス文庫に とびきり素敵な「おはなしのくに」があらわれます。
(おはなしをしてくださるのは読み聞かせボランティア『本の実』の方々です)
絵本や、おはなし、わらべうた♪
ぜひ、親子でご参加ください。
7月18日 午後3時半~4時

 ※ゆったりとくつろぎながら楽しんでいただける「おはなし会」ですが、
  大きな声でしゃべったり立ち歩いてしまうと、他のお友達も気になってしまいます。
  皆でおはなしの国を楽しめますよう 、よろしくお願いいたします。


7月の絵本の会 
7月27日(木) 10時~12時
1月から
『風に乗ってきたメアリーポピンズ』 岩波少年文庫
を、読む会が始まっています。

絵本を子どもに読んであげるお母さまは沢山いらっしゃいますが
児童書を読んで聞かせてあげているお母さまは、まだまだ少数派のように感じています。
耳で味わう名作の良さ。
耳で味わうからこそゆっくりと心の中に色々と想像して思い描くことができるのですね。
やはり子どもにも、自分で文字を読めるようになった後も、読んで聞かせてあげたいものだと実感しています。
名作を楽しみながら、皆さんと、普段は真剣に考えないようなこと、ついつい見過ごしてしまうことを
じっくりと考えることができる時間にもなっております。
ぜひ、お気軽に足をお運びくださいませ…!


可能な限り本をご購入の上ご参加ください。
次回は第10章からです。次回から参加の方は、9章までお読みになってお越しいただけると一層楽しんでもらえることと思います。
基本的に出欠席の連絡は不要ですが、初めての方はあらかじめご連絡をいただけると助かります。
持ち物は筆記用具、メモ用紙、お茶代200円
※お茶代の一部はTさんへの御礼代に充てさせて頂きます。




皆さまのご来館、今月も楽しみにお待ちいたしております。

※ここ数か月、非公開コメントを頂きました際に、登録して頂いたメールアドレスへの返信が出来なくなってしまっております。
恐れ入りますが、フォームのアドレス欄ではなく、非公開コメントの本文内に、返信先のアドレスを記載くださいますようお願いいたします。 お手数をお掛けしてしまいまして申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

PageTop

2017年6月のご連絡

IMG_20170530_111417_987.jpg

すっかり日が長くなり、遅くまで子ども達の楽しそうな声が聞こえる季節になりました。
小学校を卒業するまでは、たくさんたくさん、遊んですごしてほしいなと願います。

おかげさまで、今年もルピナス文庫は「トモニー助成金」を配分していただけることが決定いたしました!
「トモニー助成金」は、横浜市南区社会福祉協議会による、南区内で行われている地域福祉推進事業や障がい福祉推進事業の活動への助成制度で、主に赤い羽根共同募金が財源となっております。
昨年に引き続き助成いただけますこと、心から嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。
そして助成金申請に必要な自己資金には、皆さまからの会費、募金を資金源として充てさせていただきました。
また、今年度は、別途文庫の資金源に…と、素敵なご支援も頂いております。
(詳しくは文庫にて♪)
皆さまと過ごすルピナス文庫の空間と時間が より楽しいものになりますよう、大切に使わせていただきたいと思います。


6月の休館日
今月は、今のところ休館の予定はございませんが
急な変更となる場合もございますので恐れ入りますがご来館前に再度ご確認くださいますようお願いいたします。

6月のおはなし会
月に一度、ルピナス文庫に とびきり素敵な「おはなしのくに」があらわれます。
(おはなしをしてくださるのは読み聞かせボランティア『本の実』の方々です)
絵本や、おはなし、わらべうた♪
ぜひ、親子でご参加ください。
6月27日 午後3時半~4時
※お母さんのお膝で…お友達と並んで…はたまた、ゴロリと横になって…♪
  ゆったりとくつろぎながら楽しんでいただける「おはなし会」ですが、
  大きな声でしゃべったり立ち歩いてしまうと、他のお友達が「おはなし」を
  聞けなくなくなってしまいますのでご注意ください(^-^)/

6月の絵本の会 
6月16日(金) 10時~12時
1月から
『風に乗ってきたメアリーポピンズ』 岩波少年文庫
を、読む会が始まっています。

絵本を子どもに読んであげるお母さまは沢山いらっしゃいますが
児童書を読んで聞かせてあげているお母さまは、まだまだ少数派のように感じています。
耳で味わう名作の良さ。
耳で味わうからこそゆっくりと心の中に色々と想像して思い描くことができるのですね。
やはり子どもにも、自分で文字を読めるようになった後も、読んで聞かせてあげたいものだと実感しています。
名作を楽しみながら、皆さんと、普段は真剣に考えないようなこと、ついつい見過ごしてしまうことを
じっくりと考えることができる時間にもなっております。
ぜひ、お気軽に足をお運びくださいませ…!


普段は参加のご連絡は不要ですが、6月のみ、参加ご予定の方は事前にご連絡くださいますよう、お願いいたします。

可能な限り本をご購入の上ご参加ください。
次回は第9章からです。次回から参加の方は、8章までお読みになってお越しいただけると一層楽しんでもらえることと思います。
基本的に出欠席の連絡は不要ですが、初めての方はあらかじめご連絡をいただけると助かります。
持ち物は筆記用具、メモ用紙、お茶代200円※お茶代の一部はTさんへの御礼代に充てさせて頂きます。



皆さまのご来館、今月も楽しみにお待ちいたしております。

※ここ数か月、非公開コメントを頂きました際に、登録して頂いたメールアドレスへの返信が出来なくなってしまっております。
恐れ入りますが、フォームのアドレス欄ではなく、非公開コメントの本文内に、返信先のアドレスを記載くださいますようお願いいたします。 お手数をお掛けしてしまいまして申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

PageTop

2017年5月のご連絡

IMG_20170426_155907.jpg

ドキドキの新生活。
子が集団生活を始めた後の4月は、毎年母もドキドキで気持ちが落ち着きませんね。
落ち着くのは6月くらいからでしょうか…。
GWで、ほっと一息…!?
(家族が休みだと、それはそれで母も忙しかったりですが…)
皆さま、どうぞ楽しいGWを♪


さてさて。
今月のご連絡です。

昨年度に引き続き、文庫の安定した運営の為の小さな「文庫募金箱」を4月5月は玄関に設置させていただいております。
年会費だけでは助成を受ける条件である「20%以上の自主財源」に届いていない現状でございます…。
心苦しいお願いではございますが、本一冊の購入費用20%を目安として一人あたり約200円程度を上限に、チャリンと入れて頂けると本当に助かります…。
よろしくお願いいたします。


5月の休館日
今月は、今のところ休館の予定はございませんが
5月30日のみ、閉館時間を16時とさせていただきます。
その他急な変更となる場合もございますので恐れ入りますがご来館前に再度ご確認くださいますようお願いいたします。

5月のおはなし会
月に一度、ルピナス文庫に とびきり素敵な「おはなしのくに」があらわれます。
(おはなしをしてくださるのは読み聞かせボランティア『本の実』の方々です)
絵本や、おはなし、わらべうた♪
ぜひ、親子でご参加ください。
5月23日 午後3時半~4時
※お母さんのお膝で…お友達と並んで…はたまた、ゴロリと横になって…♪
  ゆったりとくつろぎながら楽しんでいただける「おはなし会」ですが、
  大きな声でしゃべったり立ち歩いてしまうと、他のお友達が「おはなし」を
  聞けなくなくなってしまいますのでご注意ください(^-^)/

5月の絵本の会 
5月25日(木) 10時~12時
1月から
『風に乗ってきたメアリーポピンズ』 岩波少年文庫
を、読む会が始まっています。
絵本を子どもに読んであげるお母さまは沢山いらっしゃいますが
児童書を読んで聞かせてあげているお母さまは、まだまだ少数派のように感じています。
耳で味わう名作の良さ。
耳で味わうからこそゆっくりと心の中に色々と想像して思い描くことができるのですね。
やはり子どもにも、自分で文字を読めるようになった後も、読んで聞かせてあげたいものだと実感しつつ
読み進むにつれ改めて
名作とは…ということも考えるようになりました。

子どもの物語の名作に共通していること。
それは、その核に作者の強い信念、価値観があるということです。
子ども達の未来、世界の未来を思っての、強い想いです。
それを類まれな才能もしくは天性の感で、子ども達が心から楽しめるように編んでくれています。
その際に、フィクションもしくはファンタジー(架空の設定)の方が伝えやすいということもあれば、ノンフィクションの方が伝えやすい、ということもある…ということで、必然作者の強い想いは前者の形の作品に強くこもる、ということにもなります。
想いを伝える手段として必然的に生まれてくる架空の設定なのです。設定の全てに、理由がある。
時折
「子供が楽しめるように奇想天外な設定を作っているのが子供向けの物語、ファンタジーでしょう」
という趣旨の意見を見かけますが…全く違うことなのですね。
が。
そこを勘違いしていらっしゃる作家さんもいらっしゃるので、そうすると先に「子供が喜びそうな」奇想天外な設定を用意し、ワクワクする展開でストーリーを運んでおしまい…という作品が仕上がってしまうわけです。
それなりに面白い(ワクワクする)けど、心に残らない作品の出来上がりです。

子ども自身は全く無自覚ではありますが
子どもは生まれながらにして、生きることに対して強い関心を持っています。
そしてそれは、大人になっても、いえ死ぬまで、強い関心であり続けるのではないでしょうか。
だからこそ、名作は大人も楽しむことができるのでしょう。

名作を楽しみながら、そんなことも、皆さんと考えることができる時間。
ぜひ、お気軽に足をお運びくださいませ…!


可能な限り本をご購入の上ご参加ください。
次回は第7章からです。次回から参加の方は、6章までお読みになってお越しいただけると一層楽しんでもらえることと思います。
基本的に出欠席の連絡は不要ですが、初めての方はあらかじめご連絡をいただけると助かります。
持ち物は筆記用具、メモ用紙、お茶代200円※お茶代の一部はTさんへの御礼代に充てさせて頂きます。



皆さまのご来館、楽しみにお待ちいたしております。

PageTop

2017年3月のご連絡

IMG_20170220_095507.jpg
IMG_20170220_095522.jpg

10日間ほど前に、娘たちと箱根に日帰りで出掛けてきました。

桜が咲いていました。
河津桜…なのだと、思います。


ちょっと疲れがたまっていて のんびり温泉にでも…と、思い立っての旅でしたが
思いがけない、ひと足早い美しい春の色に
心が温まりました。


桜の季節。

卒園式。 卒業式。
 
入園式に 入学式。

子ども達の成長も 母達の成長も 

見守ってくれているような 祈ってくれているような。

そんな桜の花の色に 元気をもらってきました。



さて。
今月のご連絡です。

3月の休館日
今月は、21日と28日を休館とさせていただきます。
7日、14日は午前午後共に開館予定ですが、急な変更となる場合もございますので恐れ入りますがご来館前に再度ご確認くださいますようお願いいたします。

3月のおはなし会
申し訳ございません。
今月は「おはなし会」は、お休みです。

3月の絵本の会 
3月8日(水) 10時~12時
1月から
『風に乗ってきたメアリーポピンズ』 岩波少年文庫
を、読む会が始まっています!
絵本を子どもに読んであげるお母さまは沢山いらっしゃいますが
児童書を読んで聞かせてあげているお母さまは、まだまだ少数派のように感じています。

耳で味わう名作の良さ。
耳で味わうからこそゆっくりと心の中に色々と想像して思い描くことができるのですね。
大人になってから、ファンタジーを読んで聞かせてもらえるなんて、なかなかありません。
今回こうして味わうきっかけを頂けたおかげで、館主も娘たちと共に「メアリーポピンズ」を、うんと楽しませてもらっています。
「今の子どもたちに『メアリーポピンズ』は、どうなんだろう…。」
と、最初は思いましたが…。
驚きの、娘たちの面白い反応については、いずれまた別の記事で…♪

皆さまの素直な感想、ご意見を伺えるのも楽しい時間です
もちろん、「あまり楽しいと思えなかったのですが…」というご感想も大歓迎です。
皆様のご参加と率直なご感想をお待ちしております。

可能な限り本をご購入の上ご参加ください。
次回は第4章からです。次回から参加の方は、3章までお読みになってお越しいただけると一層楽しんでもらえることと思います。
基本的に出欠席の連絡は不要ですが、初めての方はあらかじめご連絡をいただけると助かります。
持ち物は筆記用具、メモ用紙、お茶代200円※お茶代の一部はTさんへの御礼代に充てさせて頂きます。



皆さまのご来館、楽しみにお待ちいたしております。

PageTop

IMG_20170131_152946.jpg

先日、またまた素敵なプレゼントをいただいてしまいました。
本読みパンダ…なんて愛らしい手ぬぐいでしょう。
濱文様という横浜ブランドのてぬぐいのようです。(知りませんでした…汗)
それにしても…文庫の、このスペースにピッタリ…!
写真のぬいぐるみちゃん達も、同じ方から頂きました。
きっと、今年のぬいぐるみおとまり会でも大活躍してくれることでしょう♪

皆さまから頂いている温かいお心遣いに 救われています。
ありがとうございます。


さてさて。
すっかり更新が遅くなってしまい申し訳ございませんでしたが
2月のご連絡です。

2月の休館日
今月は休館予定はございません。
ただ、急な変更等もございますので恐れ入りますがご来館前に再度ご確認くださいますようお願いいたします。

2月のおはなし会
月に一度、ルピナス文庫に とびきり素敵な「おはなしのくに」があらわれます。
(おはなしをしてくださるのは読み聞かせボランティア『本の実』の方々です)
絵本や、おはなし、わらべうた♪
ぜひ、親子でご参加ください。
2月14日 午後3時半~4時
※お母さんのお膝で…お友達と並んで…はたまた、ゴロリと横になって…♪
  ゆったりとくつろぎながら楽しんでいただける「おはなし会」ですが、
  大きな声でしゃべったり立ち歩いてしまうと、他のお友達が「おはなし」を
  聞けなくなくなってしまいますのでご注意ください(^-^)/

2月の絵本の会 
2月16日(木) 10時~12時
1月から
『風に乗ってきたメアリーポピンズ』 岩波少年文庫
を、読む会が始まっています!
絵本を子どもに読んであげるお母さまは沢山いらっしゃいますが
児童書を読んで聞かせてあげているお母さまは、まだまだ少数派のように感じています。
先月は講師のTさんが2章分読んでくださいました。
目で読むのとは違った新鮮な喜びや気付きがありました。
耳で味わう名作の良さ。
耳で味わうからこそゆっくりと心の中に色々と想像して思い描くことができるのですね。
あらためて、子どもが聞いてくれる限り子どもが何歳になっても、色々と読んであげたいなと感じました。
参加してくださった皆さま、いかがでしたでしょうか。
大人になってから、ファンタジーを読んで聞かせてもらえるなんて、なかなかありません。
皆さまの素直な感想、ご意見を伺えるのも楽しい時間です。
もちろん、「あまり楽しいと思えなかったのですが…」というご感想も大歓迎です!
皆様のご参加と率直なご感想をお待ちしております。
※可能な限り本をご購入の上ご参加ください。
 基本的に出欠席の連絡は不要ですが、初めての方はあらかじめご連絡をいただけると助かります。
 持ち物は筆記用具、メモ用紙、お茶代200円※お茶代の一部はTさんへの御礼代に充てさせて頂きます。



今月も、皆さまのご来館、お待ちいたしております。

PageTop