ルピナス文庫 

2011年3月の特集

P1020700_convert_20110301095359.jpg
 
昨年の3月は女の子特集で「桃色」でした。(2010年3月の特集

今年も3月は女の子特集ですが、今年のは「おひめさま・おにんぎょう(ぬいぐるみ)」です♪

一口に「おひめさま」といってもお話の中にも色々なタイプのお姫様がいます。
写真には載せてませんが、昔話の中にも実に沢山の魅力的なお姫様が登場します。

個人的には、写真の中では
ヘルガの持参金―トロールの愛のものがたりヘルガの持参金―トロールの愛のものがたり
(1981/09)
トミー・デ パオラ

商品詳細を見る

アリーテ姫の冒険アリーテ姫の冒険
(2001/06)
ダイアナ コールス

商品詳細を見る

のヘルガやアリーテ姫のような強くて行動力のあるお姫様(女性)が好きでが、
リンゴのたねをまいたおひめさまリンゴのたねをまいたおひめさま
(2009/07/16)
ジェーン・レイ

商品詳細を見る

ロバのおうじ―グリム童話よりロバのおうじ―グリム童話より
(1979/06/15)
グリム兄弟、M.ジーン・クレイグ 他

商品詳細を見る

の心の美しいお姫様もいいです。子供たちにも人気があります。

なかなか手に取ってもらえない中では
かるいお姫さま (岩波少年文庫 (133))かるいお姫さま (岩波少年文庫 (133))
(2005/09/17)
ジョージ・マクドナルド

商品詳細を見る

が異色で、一度読んだら忘れられないお話。
同本に収録されている「昼の少年と夜の少女」もお勧めです。
写真に載ってませんが、同じ作家の
お姫さまとゴブリンの物語 (岩波少年文庫 (108))お姫さまとゴブリンの物語 (岩波少年文庫 (108))
(2003/05/16)
ジョージ・マクドナルド

商品詳細を見る

も近々文庫に届きます。


私自身は小さい頃、シンデレラが大好きでした。
私の小さい頃のお姫様のイメージは、ディズニーのお姫様しかありませんでした。
お姫様=キラキラドレス&突然現れる素敵な王子様…。
それが悪いとは言いませんが、小さい頃に憧れるイメージがそれだけって…残念な事だと今は思います。

大人になるまでに、どんな女の子、女性に出会えるか。
それって、きっと人生を大きく左右するのではないかと感じます。
本やお話は出会いの宝庫です。
「おひめさま」以外にも実に魅力的で素敵な女の子、女性が沢山たくさん出てきます。
喜びと共に沢山の素敵な出会いを親子で楽しめますように…。

女の子達の健やかな成長を願っています…。

PageTop

2011年1月と2月の特集

P1020587_convert_20110112173137.jpg
P1020679_convert_20110118091310.jpg

今月は昨年1月同様、昔話、民話、神話…のつもりでしたが、
せっかくTさまに講演をして頂いたばかりですので、講演会でご紹介いただいた本と合わせて
1月と2月は昔話全般と、Tさまにご紹介いただいた本の特集とさせていただきます。

「つ」の付く年齢までに(9歳までに)たくさんの良質の昔話を…
という事を時折耳にも目にもするのですが
実際には子供達は9つ過ぎても まだまだ楽しめる…いえ、楽しみたがっている…
と、昨年くらいから感じております。

文庫の子供たちや我が子を見ていると、10歳過ぎても機会さえあれば自らどんどん楽しむようです。
大切な栄養は自然に身体が欲するように、
心の栄養もまた、心が自然に欲するものなのかもしれません。

子供の心の発達の遅れ、精神面の低年齢化が指摘されるようになってきましたが
子供を取り囲む言葉の環境問題が深くかかわっているように思えます。
テレビもゲームも一因ですが、親が子供に語りかける言葉も、貧相になってきているのかもしれません。

我が子も含め、9つ前後、いえ、10歳前後の子供達が良質の昔話に手を伸ばし、目を輝かせているのを見ていて、やはり何か欠けているものを自ら補おうとしていて、そしてまた良質の昔話には、その力があるのだと感じるようになりました。
先日の講演会でTさまがお話し下さったように、やはり昔話には生きる力を養う力があるのでしょう。

この1年で、Tさまにお勧め頂いた本も含め昔話の載った素敵な本がさらに増えました。
とりわけ、東京子ども図書館の 愛蔵版おはなしのろうそく のシリーズと こぐま社の『子どもに語る~』のシリーズは、とうとう既刊のほとんどを購入してしまいましたが、私自身もっと早く出会いたかったと惜しまれるものばかりです。
おはなしのろうそく 9 愛蔵版おはなしのろうそく 9 愛蔵版
(2009/09)
不明

商品詳細を見る

子どもに語る アジアの昔話〈1〉子どもに語る アジアの昔話〈1〉
(1997/02)
松岡 享子

商品詳細を見る


良質の昔話は、口にしても、耳にしても、目にしても、美味しく美味しくいただけます♪

どうぞ親子で今月も沢山たのしんで下さい!

P1020588_convert_20110112173353.jpg
(回転ラックの中身は世界各国の昔話絵本です)
P1020589_convert_20110112173416.jpg
P1020590_convert_20110112173515.jpg
P1020591_convert_20110112173555_convert_20110112174122.jpg
他にも色々あります♪
探しに来て下さいね♪

PageTop

2010年10月の特集

今月も更新が遅れてしまいましたが、今月の特集は「ハロウィーン」です♪

P1020133_convert_20101013152547.jpg

10月初回に写真を撮りそびれ、この写真には特集の半分くらいしか映ってませんが
おばけ、かいじゅう、まじょ等々の出てくる本の他、
ちょっぴり こわ~い おはなしも…。
今月もどうぞ親子でお楽しみ下さい♪

さて、遅くなりましたが今年のハロウィンパーティーのご連絡です。

10月26日 火曜日 午後3時~5時
会費 お子様一人につき100円

お好きな時間帯に、なるべくお子様は仮装してお越しください♪
お菓子とジュースと、皆の仮装を楽しんで頂きたいと思います。
お菓子などの準備もございますので、お手数ですが10月19日までに申し込みを宜しくお願いします。
(会員以外のお友達も大歓迎ですが、同様に19日までに申し込みをお願いします。)

昨年もドレスにマントに、皆楽しく仮装してきてくれました♪
大きいお友達で「はずかしいなぁ」なんて場合は、おばけやこうもりの形に紙を切って胸につけるだけでも…♪
お母様方ともコーヒーをご一緒できれば…と思っています。
楽しみにお待ちしております!

PageTop

2010年9月の特集

2か月ぶりの更新です。
夏休み中は読書感想文向けの特集、キャンプ特集など組んでましたが、
あまりの暑さと日々の忙しさにパソコンから遠のいておりました。
4人の子供達に加え、幼稚園からお預かりしていたインコちゃん2羽と、後半はほぼ毎日誰かの友達が来ていたりで、毎日楽しくにぎやかに過ごしておりました♪

9月に入ったというのに猛暑続きで秋の絵本を選ぶ気になれずにいますが
今月は前から決めていた通りに「クマ」です♪

P1020036_convert_20100905070903.jpg

この中で一番借りられている回数が多いのは、パンやのくまさんシリーズ。
パンやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ)パンやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ)
(1987/05/30)
フィービ ウォージントンセルビ ウォージントン

商品詳細を見る

ゆうびんやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ)ゆうびんやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ)
(1987/05/01)
フィービ ウォージントンセルビ ウォージントン

商品詳細を見る

うえきやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ)うえきやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ)
(1987/05/01)
フィービ ウォージントンジョーン ウォージントン

商品詳細を見る

せきたんやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ)せきたんやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ)
(1987/05/01)
フィービ ウォージントンセルビ ウォージントン

商品詳細を見る

ぼくじょうのくまさんぼくじょうのくまさん
(1997/07)
フィービ ウォージントンジョーン ウォージントン

商品詳細を見る

2歳半から十分楽しめるのですが、小学生になっても「やっぱり好き♪」と言って借りてくれます。
もちろん、私も我が子達も皆大好きです。
パンやさん、ゆうびんやさん、うえきやさん…。
どのお話も、特別な事件がおきたりはしません。
丁寧でつつましく温かな暮らしを、毎日規則正しく繰り返しているお話です。

冒険が大好きな子供達ですが、こうした丁寧で温かい「いつもおなじ」安心感も
子供達は大好きです。
「いつもおなじ」安心感も、大切にしてあげたいですね…。

それにしても、この異常気象、なんだか怖いです。
大人だって「いつもとおなじ」ではないと、不安になります。
再来週は次男の小学校の運動会ですが、子供達の熱中症も本当に心配です…。

さわやかな青空と心地よい風の中で楽しむ金木犀の香りが待ち遠しい…。

来月はハロウィンパーティーも♪
今年はどんな風にしようかしら♪

PageTop

2010年7月の特集

P1010631_convert_20100629111420.jpg
P1010632.jpg

なにやら先月中旬から予定が色々で飛ぶように毎日が過ぎてます。
今月の特集も、前々から決めていた本を並べて写真に撮るのが精いっぱい…。

今月の特集は 「うさぎ&ねずみ」 です。
何故うさぎ&ねずみかって…今月も特に理由なしですが、
うさぎとねずみって、なんとなくセットでイメージしてしまうのは私だけかしら…?
それも、真っ先にピーターラビットのシリーズが思い浮かびます。
実はピーターラビット、私自身は子供の頃読んだことがなくて…。
家にはシリーズがそろってましたが、母は読んでくれる人ではなかったし、私は絵を眺めて満足しているだけでした。
子供を産んで自分の子供に読んであげるまで、幼い子供の本だとばかり思っていたのです。
全然、幼い子の本じゃないんですよねぇ…。
読んでびっくりでした。
もちろん、幼い子も好きになるお話も数冊ありますが、「これは小学校の中・高学年にならないと、本当の面白さは伝わらないだろうなぁ」なんて話もあって。
それぞれの動物、キャラクターの妙に現実的な暮らしぶりが面白くて、大好きです。
子供達と一緒に、どうぞお楽しみください♪

今月も、私の好きな本、子供達も好きな本が色々です♪


さてさて、今日は「とびきり素敵な出来事」を少しだけ…。
実は先週、とある素敵な方から2冊の本が届きました。
P1010640.jpg

そう、今年5月の記事で、絶版で日本語版を入手できないので原書のペーパーバック版に手書きで日本語訳を写した旨を書いていた、あの2冊です。
ご迷惑になってしまうといけないのでお名前は出すことができませんが、文庫の子供達のために…とプレゼントして下さったのです!
たまたま見つけて…との事でしたが、こちらのブログはルピナス文庫会員のお母様方が時折覗いて下さる程度の拙いブログなので、とびきり素敵な方からご連絡を頂いた際には目を疑ったほどでした…。

やはり、素敵な本をこの世に送り出して下さる方々は、素敵な方々です。
素敵な方々の生きる姿勢は、きっと子供たちにも伝わっていくことと思います。
本との出会いは、主人公、登場人物との出会いだけではないのです。
作者と、翻訳者と、出版に携わる方々との出会いでもあるのですよね…。

とびきり素敵な方から頂いたとびきり素敵な本、是非ぜひ、出会って下さい。
私も沢山の子供達と大切に大切に、楽しんでいけたらと思います。

とびきり素敵な方からのメッセージはこちら。
P1010641.jpg
P1010642.jpg

サインは、文庫に遊びに来てからのお楽しみです…♪

PageTop